副作用が怖いなら | センフォースさえあれば、どんな人も勃起不全から解放されます
1錠だけ色が違う

副作用が怖いなら

もちろん誰でもセンフォースによって、副作用が出てしまうことがあります。
そうなると不安な気持ちになるかもしれませんので、ここで副作用の話をしておきましょう。

まずセンフォースの副作用というのは、バイアグラとまったく同じです。
特によく見られるのが、頭痛になります。
なぜED治療薬で頭痛の副作用が起こるのかというと、根本的な薬の成分による仕組みが大きく関わっています。
というのも、センフォースは勃起を強制的に引き起こす作用があるのではなく、勃起しやすい状況を作り出してくれる薬なのです。
センフォースの成分であるシルデナフィルは、あなたの全身に流れる血管を拡張してくれて、血流をスムーズにする効果があります。
つまりペニスにピンポイントで作用する薬ではないので、血管に関する副作用が起こるのは必然的だといえるでしょう。
特に頭は毛細血管がたくさん集中していますので、頭痛が起こっても何もおかしくはありません。

では副作用を感じることがある場合はどうすればいいのか?
副作用は他にもめまいや火照りなど色々ありますが、基本は放置していても特に問題ありません。
理由は、どの症状にしても軽めだからです。
そしてほとんどの副作用は、センフォースの効き目がなくなる頃に同時に消えます。
だから放置していても大丈夫なのです。

ただし、副作用が想像以上に強いなと思ったら必ず病院に行かなければいけません。
人によっては強めに感じることがありますので覚えておきましょう。

また併用禁忌と呼ばれるものもありますので、すでに何かしら病院から薬をもらって使っている人は必ず医師と相談しておいてください。